pop-people

ポップピーポー

ひたすらに雑記 お役に立てたらうれしい

書き初めは 「紙」が大事なんだそうです

お題「今日の出来事」

子供の冬休みの宿題に書き初めがありました。なので正月そうそう、1月2日に朝から練習をし、その後は何度も何度も失敗しながら結局5時間もかけて完成させました。

 

 書き始めの頃、僕も試しに1枚書いて子供に「うまいなー」なんて言われて喜んでいたのですが、最後には子供の方が僕よりも上手く書ける様になっていました。

なので、「これ、書道大会に出した方がいいよ」なんて話をしていて、子供もまんざらでもない様子で、冬休み明けの登校日に学校に持って行ったのです。

 

そして今日、そう言えばと思い出して、「あの書き初め、大会出すことにしたの?」と子供に聞いたら、「あれ、紙が違うからダメなんだって」「は?なにそれ?」

 

実は、練習と失敗を沢山したせいで、学校から持って来た紙では足りなくなり、途中で書店に買いに行かせたのです。そして、その紙を使って完成させたので、学校で渡した紙と微妙に紙の質が違うためダメだと言われたのだそうです。

 

僕もその紙を買ってきた時に、微妙に色目が違う紙だと言うのは気づいていたのですが、まさかそのせいで大会に出せなくなるとは思いませんでした。その用紙にはちゃんと学校書紙?とか書いてありましたし。

 

うーん。決まりは決まりなんでしょうけど。

紙が・・・ダメ…紙が?・・・ダメ?

 

書き初めって書く「紙」が大事なの?

 

結局は学校で書き直したらしいのですが、上手く書けずに大会には出さないそうです。

 

かわいそ。

 

f:id:miketaro1234:20170116232637j:plain