pop-people

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップピーポー

ひたすらに雑記 お役に立てたらうれしい

【食べる花】新潟のエディブルフラワー【かきのもと】

新潟の話

新潟の郷土食材「かきのもと」って知ってますか?

かきのもと。これは新潟や山形、秋田、青森などで食べらている食用菊のことなんです。エディブルフラワー(食べられる花)というものの人気が出てきている様ですが、新潟には、はるか江戸時代からそんな食文化があったんです。

f:id:miketaro1234:20131020142500j:plain

 

新潟では「かきのもと」、他の県では「もってのほか」「もって菊」などともよばれているようです。

この「かきのもと」、子供の頃から身近にあり、時期になると台所の床に新聞を敷き、そこににどさっと菊の花が広げられ、花のがくを取るという作業を祖母の手伝いとしてさせられた思い出があります。

実家では「かきのもと」とは呼ばずにふつうに「菊」と呼んでいましたね。
なので「ほら、菊もぐの手伝ってくれ」なんていわれて。

そして、その作業が始まるとだんだんと部屋中が菊の匂いに満たせれていくのです。懐かしい思い出です。

実のところ、子供の頃はその手伝いをするだけで実際には食べなかったのです。ですが大人になるにつれて時期になると一回は食べておきたくなる食べ物となってしまいました。

 

f:id:miketaro1234:20151102152533j:plain

時期的には10月〜11月頃の食べ物で、毎年そのころに実家に顔を出すと母にもらえたのですが、今年はどうもタイミングが合わずこれまで食べられずにいて、スーパーなどでも探してみたのですが、あまり一般的でなくなって来たのか、大きめのスーパーだと逆に売っていない様で「今年は無理かな?」と半ばあきらめていました。

しかし、先日実家に寄ったら「ほら、菊。食べたがってたろ?」と茹でて冷凍したものを渡されました。冷凍は風味と食感が落ちますが、ありがたくいただいてきました。

それがこちら。解凍し、このままおひたしとして、しょうゆで食べます。

味、と言うより彩りと、シャク。シャク。とした歯ごたえを楽しむ食べ物の様に思います。実際に茹でる時にもこの綺麗な紫の色が落ちない様に酢を入れて茹でるのだそうです。

え?菊を食べるのって珍しいの?

子供の頃から大人たちは普通に食べていましたし、ちょっとした定食などでも小皿の一品によく出されていたので、僕は大人になるまで「かきのもと」って全国的に食べられているものと思っていましたし、そもそも「すべての菊の花って食べ物」なんだと思っていました。
当たり前に思っているだけで、ほかにもまだそういうものがあるのかもしれませんね。

 

今回、大きめのスーパーには売っていなかった様に、新潟県内でも「かきのもと」を食べる家庭が減ってきているものと思います。最近のエディブルフラワーの人気に乗ってこういう地方特有の食文化は廃れずに生き残って欲しいものです。そして願わくば地方特有で終わらずに全国の人に食べてもらいたいものです。

でわ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かきのもと(食用菊)1kg入り
価格:2700円(税込、送料別) (2016/12/21時点)