pop-people

ポップピーポー

ひたすらに雑記 お役に立てたらうれしい

今年は熊が多い?

f:id:miketaro1234:20160616193237p:plain

今年はどうも熊が出没したと言うニュースが多い様で。

僕の住む新潟県でもココ最近、何度も新聞の記事で見掛けています。しかも低山、住宅街のすぐ近くに出没したと言う記事が目に付きます。と言うよりも、山に熊がいるのは至極当然のことなので、「山に熊がいましたー」なんて事をいちいち記事にするわけも無いのですけども。

さておき、今年の一連の熊のニュースで何より恐ろしいのが秋田県で起きている、熊が人を襲いその肉を食べていたようだと言うニュースですよね。

 

www.sankei.com

 

ヒグマはともかく・・。

私の認識ではヒグマはともかく、普通ツキノワグマは木の実などを食べている事になっていて、人間を襲うのは出会い頭に驚いて襲う、小熊を守る為に襲うなどで、まさか食べる為に襲うとは全くの想定外でした。

 私は登山を趣味としているのでこれは大変に恐ろしい恐ろしい。

 最近のワイドショーなどでは一般的なクマよけの方法であるクマ鈴やラジオを鳴らすと逆に人がいる事を認識して寄ってくる可能性があるとも言っています。うう、何というホラー。

 かと言って実際には人間を恐れているツキノワグマの方が断然多いはずなので、クマ鈴を鳴らさなければ出会い頭に驚いて襲われる可能性もある。なのでその秋田の現場付近以外でも「クマ鈴危険」と周知させるのは良くないと思うのです。

ならばどうすれば良いのか・・・。

 結論としては、「山に行くな」ということなのでしょうけど、登山が趣味の人間にはそれは結構辛い。

出会っちゃってるんです。

僕は実をいうと数年前にフジロック・フェスティバルでも有名な苗場山の登山道で小熊に遭遇しているんです。

その頃はまだ登山を始めたばかりで、実際に熊に会っても平気だろうと思っていたのですが、本当に出会ってみるとはっきり言って恐い。見たのは小熊でかなり遠くだったのですが、近くに親熊がいると思うと怖くって足がすくんでしまいました。

 後からくる人は帰る人などももちろんいたのですが、僕とその場に居合わせた数人はしばらく待ってその熊がいなくなるのを待って登山を続行。登頂後、山頂の小屋番さんに「熊がいました!」と興奮気味に言ったのですが、小屋番さんは驚く様子もなく、ただ、「ほう」と言っただけでした。

 その時は拍子抜けしてしまったのですが、後から考えてみれば熊のいる山にわざわざ登っておいて「熊がいました」と言われても「ほう」としか言いようがないなと。

気をつけるしかない

結局、山は行きたし、熊は怖し・・・。で、どうするのか。それはもう、「気をつけるしかない」ですね。

  • 行動の活発な早朝、深夜を避ける
  • 出没域での食事はなるべく匂いの少ないもの(おにぎりなど)
  • 出没域でむやみに走らない(追いかける習性がある)
  • クマ鈴、ラジオは基本的に持参する(秋田の事例は特殊と考え)
  • 熊撃退スプレーも(?)

出会ってしまったら

 死んだふりはダメですよ。死肉を食べる習性はあるらしいので。

  • とりあえず、大きな声を出さない。
  • カメラのフラッシュは効かない(効くかと思ってました)
  • 目をそらさずに後ずさる。
  • 襲われたらとりあえず手で頭(後頭部、首)を抱えてうずくまる(急所を守る)

昔の知り合いが「熊はスタミナがないから3分戦い続ければ逃げていく」なんて言ってましたが、死んだふりと一緒で試せないですよね。

 

・・・と、こんな戯れ言を書いていたら、すばらしいまとめ記事が上がってました。すばらしいまとめと思います!最後にこれを紹介して終わり良ければ全て良しとしたいと思います。

 

asay.hatenadiary.jpでわまた